医師事務作業補助の講座内容を確認【色々な情報を調べられる】

事務作業専門の医療関連職

女の人

医師の仕事を事務面で支援

病院や診療所に勤務する医師は、本来の仕事である診察業務以外にも、さまざまな事務作業を日々行っています。よく知られているのは患者の診療記録すなわちカルテを整備することですが、他にも患者が保険会社等に提出する診断書を作成したり、行政からの求めに応じて資料を提出したりと、その作業量はともすると本来業務を圧迫するレベルに達することもあります。こうしたことから、多くの病院では専従の補助者を配置し、医師の負担を軽減するための体制を整えるようになってきています。このような職種を、医師事務作業補助といいます。医師事務作業補助は上に掲げたような業務に関して医師を補佐し、または一部の業務を代行します。診療報酬の加算対象になっていることもあり、比較的規模の大きな病院を中心に積極的な採用を図る動きが見られます。医師や看護師等と異なり、医師事務作業補助には公的な資格がありません。ただ、医療経営者等で構成される業界団体が検定試験を行い、一定レベルの知識の持ち主に対して独自の資格を授与しています。医師事務作業補助の仕事をするには医学や医療保険制度等に関する専門的な知識が必要なことから、資格保有者は職場でも歓迎される傾向にあります。医師事務作業補助の資格を得るための勉強は独学でも可能ですが、専門学校や資格スクールの中には受験対策講座を開講しているところがあります。また、資格認定団体が直接運営している講座などもあります。

Copyright© 2017 医師事務作業補助の講座内容を確認【色々な情報を調べられる】 All Rights Reserved.